おむつ卒業後どうする?

久しぶりの投稿になってしまいました。

今日もおむつ外しのその後について。

めでたくおむつを外した長男ですが、

まだ排泄自立とは言い切れない状態です。

というのも、

①排便をパンツの中でしたがる

②間に合わず、時におしっこを漏らす

③夜中はおむつ着用

という課題があります。

②と③は、経験を重ねていけば何とかなるかと踏んでいますが、厄介なのは

①排便をパンツの中でしたがる。

これ、本人の心理的なものですが、私の経験的に、心理的なハードルを越えるのが一番大変です。

(長男、長らくおむつから離れることに強い拒否反応をし、親の私たちもおむつをやめさせられず、おむつ生活が長引いたため)

おむつを外し、排尿はすっかりお風呂ですることが多い長男。

しかし、本当はまだ排便はおむつでしたいのでしょう。

パンツを履いていない状態で生活していても、便意を催すとパンツをわざわざ履きます。

(トイレに行くことは拒否)

外出時は、いつ出るかもわからないうんちに大人は常にドキドキしながら行動を共にします。

それでも…

おむつからいつ離れられるかと日々悩みながら、おむつを履かせていた頃よりもはるかに精神衛生には良い…

一生おむつ生活を覚悟していたので…

今までの中では「排泄に心を寄せる」に近い生活だと感じています。

今年のプールは入れるかなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました