おむつ外しを再びがんばることに

なぜでしょう。

最近あまりやる気が起きません。

身の回りのことは全てうまくいっているはずなのに。

長男のおむつ外しを除いて。。。

さて最近の近況報告ですが、

おむつの時間が長くなり、おむつはずしが停滞気味の息子。

トイレにも行かず、おまるに座ったとしても、おむつやズボンを履いたままという感じです。

そんな中、ついに今朝園から「パンツ生活またがんばりませんか?」とお達しが来ました!

正直おむつを外しための取っ掛かりが見つからず、協力者も得られない中で、長男の一生オムツ生活を覚悟していた私。

※一生は流石にないと頭ではわかっていても、心ではどうしても不安を拭いきれません。

「はい!喜んで!」と即答しました。

そう、足りなかったのはきっかけと協力者…

「まだ4歳の子どもに無理させてはいけない?」「またお腹が痛くなったら?」「本人が頑張るしか方法はもう無いよな…」と頭の中で堂々巡りして動けない状態から、ほんの少しだけ前に踏み出せそうです。

自分の勉強など何にもやる気が出ないので、これを機におむつ外しのための施策に全振りしてみたいと思います。

このままだと就学に苦労しそうだからね…

非マメ/不器用/飽き性な自分でどこまで頑張れるのか、また数日後の記事更新で振り返りします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました