プール作戦を断念しました

3日前の記事でプールをおむつ外しのモチベーション復活のために習ってみようと考えたことをお伝えしました。

しかし、一度断念することになりました。

理由は、夫が長男をプールに連れ出す勇気がないと。

当初私は、プールに行ったことのない息子をま区のスポーツセンターへパパに連れて行ってもらおうと考えていました。

しかし、区のスポーツセンターには「おむつが外れていない子は利用できない」という決まりがあります。

長男はおむつをしていなければ、おしっこやおむつを我慢できるので(その能力は園の先生も驚くほど)、おむつが外れていなくても、プールの中で漏らさなければ良いのでは?と私は考えていました。

他方、夫は不安なので無理という意見。

プールの中で万が一うんちをしたら、大変だと。

確かにプールが初めての息子がどんな振る舞いをするのか未知数なので、水中でうんちをする可能性は0ではありません。

起きてしまった時のリスクの被害の大きさを考えると、やむを得ないかなと私も思い直しました。

そもそも単純に、おむつが外れていない子が利用することは規則違反ですよね。

気持ちが焦り過ぎていました。

そんなわけで、プールをおむつ外しの理由に通うことはやめました。

家の中ではパンツを履かない息子はおむつ外しが進まないので、お出かけのときにおむつを外すことをやってみたいのですが、夫の協力も必要なので、折を見て相談します。

と、親の頭の中では「何かできることは」と毎日ぐるぐるしていますが、相変わらず息子は食後にトイレに座り、10数えています。

座ることが目的になってきているので、良い声がけは無いかなぁと考えているところです。

まずはできるところを褒めてあげようかな。

「毎食後座ってくれてありがとう」。

ハードルを下げることも大事ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました