Twitterとおむつなし育児の関係について

こんにちは。くろまりです。ここ数日更新が止まっていましたが、Twitterで流れる情報を真剣に見ていたらいつの間にかブログを更新する時間を逸していました。

今日はTwitterとおむつなし育児について書いていきたいと思います。

「Twitterとオムツなし育児の関係」ってそもそもどういうこと?

私は2020年7月におむつなし育児アドバイザー養成講座を受講して、おむつなし育児アドバイザーとして活動する一環としてこのブログを始めました。

このブログを始めると同時に、Twitterの運用も開始しました。

記事の冒頭と最後にアカウントが掲載されていますので、良かったらフォローをお願いします。

ブログもTwitterも全くの初心者(個人アカウントのTwitterは5年前に閉鎖しました。)ですので、どのように運用していけばよいのか試行錯誤しているのが現在です。

5年ぶりのTwitterは大きく機能が変わっていることもなく、想像よりはすぐに使うことができました。

ですが、Twitterを取り巻く環境、どのように使いどのような人がどういう目的で使うのかといったところが大きく変わってきているように感じます。

1番はビジネスアカウントが増えてきたということです。

企業だけではなく、個人も副業や起業の一環としてますます情報発信の重みが増してきている時世を反映しているように思います。

Twitterでさまざまな方や団体のツイートを拝見することで、どんな情報をどうやって発信していけば、自分のためにも、世の中のためにもなるのかということについて考えていました。

おむつなし育児というキーワードは・・・

というのも、Twitterを使っておむつなし育児について情報発信をしていこうと思ったものの、「おむつなし育児」という言葉で検索してヒットした数が想像よりも少なかったのです。

全国でも7000人程度が受講したというおむつなし育児ですが、Twitter界隈での会話や発信はあまりなされていなかったのです。

※ちなみにおむつなし育児について取り上げているコミュニティでは、facebookを利用して情報発信を活発に行っています。

それでもやってみることにした

既に議論が活発なところに一石を投じることは簡単です。

反対に、あまり話が持たれていないことからおむつなし育児についての活動をしていくことは難しいことです。

それでも、おむつ外しについて悩んでいる人は日本の中にたくさんいるはずです。

私自身はその人たちの力になりたいと思っていますし、自分が家で行っていることをこうして記録していくことは自分にとっても意味があると思っています。

こういった発信の仕方がベストかどうかは分かりませんが、自分ができること・やりたいことをまずはやっていくことにしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました