4歳男児のトイレ事情

こんにちは。くろまりです。今日は4歳男児の排泄やトイレに関する事情について書いていきたいと思います。

4歳児の一般的な排泄事情

4歳男児ですと、もうおむつが外れているお子さんがほとんどだと思います。

このくらいの年齢でおむつが外れているとは、昼間の排泄はトイレで行うことができ、夜間はお子さんによっておむつをつけているお子さんもいれば、おむつを外して寝ているお子さんもいます。

夜間のおむつ外しについては、以前の記事にも書きましたが、昼間のお漏らしとは原因が異なり、成長とともになくなっていくことが多いようです。

外出先でも、トイレに行ける場所を探しておいて排泄をする、あるいは事前に子ども用トイレがあるような場所を選んでお出かけするということが多いようです。

百貨店でも、東京では子ども用の小さな便座を目にすることが多くなってきました。

我が家の場合

4歳男児のわが子はおむつの中でのみ排泄ができる状態です。

ただ、通っている園では布パンツを履き、トイレの個室で先生におむつを履かせてもらって排泄をしています。

家に帰るとすぐにおむつに履き替えて、排泄をして、それ以降はずっとおむつに履き替え続けます。

家での様子と180度異なるため、先生からその様子を伺ったときに耳を疑いました。

おむつに対する本音

排泄はおむつでしかできないにもかかわらず、園で昼間布パンツを履いているのは、息子の場合は周りのお友達の視線を非常に気にしているからのようです。

年齢が上がるとおむつを着用しているお子さんの数も減っていきます。

そうなると、おむつを履かせてもらっている姿をクラスメートや上のクラスの子に見られたときに不思議がられたり、場合によってはからかわれたりすることもあるでしょう。

息子も「何でおむつを履いてるの?」と聞かれ、苦々しい顔をしていたようです。

子どもなりにお友達のそういった言葉に敏感で、おむつを履かなくなったり、トイレでおむつを履かせてもらったり姿を見られるのを嫌がったりしているようです。

他方、自宅ではリラックスして、おむつをして好きな時に好きな場所で排泄をしています。

「本当はもうおむつをしない方が良いというのはもう本人は分かっているけれども、おむつをしていないと安心して排泄できないんだなぁ」と感じました。

あとは、本人の決意でおむつを外し開放空間で排泄する勇気が出るために、できるサポートを親がしていくべきなのだと思います。

こうして、おむつから少しずつ距離を置いて、開放空間で排泄をしてもらいたいという気持ちが私にはありますが、おむつでないと安心して排泄ができない、排泄を我慢してしまうというのは身体にとってどうなのだろうと考えた結果、一旦は園でも様子を見ながらおむつを付けていくという方向にしていくことになりました。

ただ、これからも子どもの排泄について気を配りながら、様子を見ながらおむつを外していけるようにできることを続けていくつもりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました